敷きふとん・マットレス

 

良い敷き寝具の選び方

大切なのは、体のラインを崩さないこと

柔らかすぎる敷き寝具を選ぶと、お尻などの重い部分が沈み込んで腰痛につながることがあります。一方、硬すぎる敷き寝具を選ぶと、肩やお尻などの凸部分だけで身体を支えることになり、寝ているうちにその部分が痛くなることがあります。また、寝返りの回数が増え、快眠が妨げられることにもつながります。大切なのは適度に沈み、仰向けに寝ても、横向きに寝ても、まっすぐ立っているときのような自然な姿勢が崩れないことです。

 

整圧マットレスが身体の曲線にフィットしている画像


同じ人でも、敷き寝具によって体圧分散は異なります

羊毛固わた敷布団の体圧分散

2次元カットマットレスの体圧分散


同じ敷き寝具でも、人よって異なる体圧分散

40kg女性の体圧分散

80kgの男性の体圧分散

◎青や赤い部分は、集中的に圧力がかかっていることを示しています。

 

【枕と合せて選ぶことも重要】
自然な寝姿勢を保つためには、敷き寝具だけでなく、枕の高さや硬さも重要になってきます。たとえば、柔らかい敷き寝具の場合、頭より胴体の沈み込みが大きくなるので低めの枕を選ぶなど、敷き寝具と枕の組み合わせを考えて選ぶことが重要です。

おすすめ敷きふとん

寝具の老舗・西川の最適寝具理論から開発された新しいタイプの敷きふとん「整圧敷きふとん」。体圧分散や寝姿勢保持はもちろん、さらには寝床内気象の適正を高める機能を持ちます。 東京西川を代表する「整圧敷きふとん」は、睡眠科学と人間工学の観点から導き出された特殊構造を、コンピューター制御による最新加工技術により実現しました。スリットを入れることにより、さらに通気性が良く夏快適で、空気を留め冬暖かです。

整圧敷きふとんの画像

 

整圧マットレスの特徴7選

 

 

整圧マットレスの詳細紹介ページへのリンク

 

AIR – コンディショニングマットレス –

多くのアスリートから支持されている話題のマットレス
3層で支えたウレタン構造でバランスの良い寝姿勢を保持することができます。
また、湿気や汗を拡散・放湿することで睡眠中の不快感の軽減も実現しています。

 

AiRマットレス画像

 

多くのアスリートたちが遠征に必ず自分のマットレスを持っていく時代。食事、運動、そして睡眠。体調管理に不可欠なものとしてマットレスや枕の重要性は、年々高まっています。名前を挙げればきりがないほど多くのトップアスリートたちが自ら体感して選んだのが、点で支えるコンディショニングマットレス[エアー]です。雲の上に乗っているような心地よい眠り。寝返りをうっても保たれる安定した寝姿勢。目覚めた時に感じるすっきり感。西川の[エアー]がもたらす質の高い眠りを、ぜひあなたのコンディショニングに取り入れてください。

 

AiRマットレスの詳細説明ページへのリンク

タイトルとURLをコピーしました